プチプチの表裏はどっちを使うかは梱包するものによって決まる!衝撃への耐性や包み方と窓の断熱材としての使用方法も解説

お役立ち情報

プチプチはよく荷物を梱包するときに緩衝材として多くの方が使われるものですよね。

最近はメルカリなどのフリマサイトで荷物を発送する時に使う方が多いので、100均やホームセンターで様々なサイズのプチプチが販売されていて便利です。

さて、プチプチで荷物を包む時に表裏どっちが内側で、どっちが外側にするのが正しいか気になったことはありませんか?

実は私も表裏どちらを使うのが正解かよく分かっておらず、なんとなくプチプチのある膨らんでいる方を内側にして使っていました。

しかしプチプチの表裏について調べてみると、梱包するものによって表裏を使い分けるのが正しいと分かりました!

表裏のそれぞれの使い分け、包み方のコツや断熱材として窓にプチプチを使用する時の使い方についても調べたので、参考にしてみて下さい。

プチプチに表裏はないが梱包する物によって凹凸面を使い分けよう

プチプチの正式名称は「気泡緩衝材」と呼び、川上産業株式会社の商標登録品となっています。

私も「プチプチ」とずっと呼んでいたので、正式名称や商標登録品であることは初めて知りました!

小さい頃はプチプチを見つけるとよくおもちゃとして潰して遊んでいましたが、今は主にメルカリなどで荷物を発送する時に使っています。

フリマサイトでは顔の見えない相手に荷物を送るので、途中で壊れたり潰れてしまわないかとても心配になりますよね。

結論から申し上げるとプチプチの凹凸に表裏はなく、梱包するものによって使い分けるのが正しい方法です。

私はなんとなく膨らみのある方を内側にしていたので、包む物によって使い分けるべきとは衝撃でした!

プチプチで荷物を包む時の凹凸面の使い分けについて調べてみたので、悩んだ時は参考にしてみて下さい。

精密機器や細かい凹凸がある物はプチプチを外側に

まず、プチプチを外側にした方がいい物は以下になります。主に精密機器や細かいものはプチプチを外側にした方が良いと分かりました!

  • 精密機器など細かい凹凸があるもの
  • 箱などの直方体で角があるもの
  • 薄い紙などプチプチの凹凸によって折れそうなもの
  • ガラス・メッキ・アルミ素材でプチプチの跡が付きそうなもの

例としては精密機器の基盤・CDやDVD・本・封筒・書類・缶バッジ・キーホルダー・フィギュアなどが挙げられます。

細かいものや角のあるものは、プチプチの凸面を内側にすると引っかかってしまい商品が壊れる恐れがあるので外側にしましょう。

最近はアクキーと呼ばれるアクリルキーホルダーも発送される方が多いので、破損してしまわないようにするためにもプチプチを外側にすると覚えておくと便利ですね。

配送途中に破損するのは避けたいな!しっかり覚えておこうっと。

球形や曲面がある物はプチプチを内側に

次にプチプチを内側にした方がいい物についてご紹介します。直方体とは逆で、球体などの丸みのある物はプチプチを内側にすると覚えておくと良いですね。

  • 球形や曲面のある物
  • 包装後にしっかりとテープで止めたり巻きつける必要がある物

例としてはビン類・コップ・お皿などが挙げられます。引っ越しなどで食器類を梱包する時はプチプチを内側にしましょう。

理由はプチプチを内側にすることで商品の曲面などの隙間をプチプチの凸面が上手に埋めてくれるからです。

特に割れ物を送る時は途中で割れないかな?と心配になってしまいますよね。そんな時もプチプチを内側にしてしっかりと梱包すれば、割れる心配は減りそうです。

また、大きい商品を梱包する時はしっかりとテープを商品に巻き付けて発送する機会もあるのではないでしょうか。

そんな時はプチプチを内側にして梱包した方が剥がす時に剥がしやすいですよね。

荷物を受け取った相手も商品を出す時に開けやすい方が楽ですし、受け取り手のことを考えて梱包を行うと気持ちのいいやり取りができると思います。

開けるのに時間が掛かると疲れちゃうよね。

プチプチの表裏はどっちが衝撃に強い?

プチプチの表裏は梱包する物によって使い分けるのが良いとご紹介しましたが、表裏どっちが衝撃に強いのか、耐久性が気になりませんか?

私も心配性なのでフリマアプリで商品を発送する時は耐久性があるかどうかとても気になってしまいます。

しかし、衝撃に対する強さのことを緩衝性と呼びますが、これは表裏どちらでも変わりません。

どちらでも変わらないの!?知らなかった…

表裏どちらでも緩衝性が変わらないということは、先ほど例として挙げた物以外であればどちらを外側にしてもOKということになります。

しかし精密機器や割れ物など、高価な物や壊れやすい商品は先ほどご紹介した方法で梱包するのが良いのではないかなと思います。

せっかく発送したのに途中で壊れてしまうと自分も相手も残念な思いをしてしまいますし、例えば引っ越しの時に大切なお皿やグラスなどが割れてしまうとショックですよね。

悲しい思いをしてしまわないためにも、なるべく先ほど紹介したおすすめの方法で梱包してあげましょう!

プチプチの表裏それぞれの包み方にコツはある?

プチプチで商品を包む時に表裏どっちを使うかおすすめの方法をご紹介しましたが、それぞれの包み方にコツはあるのでしょうか。

私は今まで自己流の包み方や梱包方法が分からないものは調べて梱包していましたが、包み方のコツが分かればキレイに梱包できますし、時間も短縮できてメリットが多いですよね。

メルカリなど顔の見えない相手とのやり取りであれば、特に綺麗に梱包してある方が印象が良くなるのではないかと思います。

ここでは箱や割れやすいグラス、キーホルダーなど細かい商品の包み方のコツをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

箱のなど直方体の梱包方法

箱などの直方体を包む時はプチプチを外側にするのが良いとご紹介しました。

最も包みやすそうな形ですが、もしおすすめの包み方があるなら知りたいですよね。

箱を包む時は、商品にプチプチをしっかり密着させるのがコツです。見た目もきれいですし、中で箱が動いたりテープが剥がれてしまうことも少なくなります。

今回はこのティーバッグの箱で試してみます!きれいな直方体なので包むのは簡単そうです。

まずプチプチをだいたい商品が入りそうなサイズにカットしたら、プチプチの凸面が外側に来るよう真ん中に商品を置きます。

側面をぐるっと巻き、テープで止めます。このときに商品をしっかり密着させましょう。

テープで側面を止めたら、横のプチプチの長さを切って調整し、中にプチプチを折り込んでテープで止めましょう。

これで完成です。この方法だと難しい包み方を覚える必要はなく、簡単に包むことができますね。

この形だと包むのは簡単!もっと複雑な物もたくさんあるよね。

次は包むのが難しいグラスやコップ類の包み方をご説明します!

グラスやコップ類の梱包方法

荷物を発送するときに最も心配になるのが、グラスやコップなど割れ物の包み方ではないでしょうか。

私も特に大切にしている食器が配送途中で割れてしまうと、とても落ち込んでしまいます。

グラスやコップ等を包む時のコツは、少々かさばりますがプチプチを二重に巻くなど、多めにプチプチを使うことです。

今回はこちらのコップで包み方をご紹介します。

まずはプチプチや紙をクッション材としてコップの中に入れます。

クッション材があると潰れてしまう不安は少し取り除かれますよね。次はプチプチの凸面を内側にしてコップの外側を包んでいきます。

これだけでもOKですが、できればもう一回プチプチで包み、二重にしておくと安心です。

私も心配性なので、引っ越しの時は割れ物に二重でプチプチを巻いていました!

100均でプチプチを多めに買うか、ホームセンターや通販で大容量のプチプチを購入しておくと多めに手に入れることができそうですね。

キーホルダー等細かい物の梱包方法

最近はグッズの缶バッジやアクキーと呼ばれるアクリルキーホルダーのやり取りも増えているので、おすすめの包み方が知りたい方は多いのではないでしょうか。

こちらも配送途中に壊れてしまっては、発送する側も受け取る側も大変ショックを受けてしまいますよね。

こういった細かいものを発送する際のコツは、水濡れ防止のためにOPP袋などで一度包んでからプチプチで巻くことです。

今回はこちらのキーホルダーを実際に包んでみたので、ご紹介します。

まずはOPP袋に入れ、水濡れを防ぎます。OPP袋も100均等で手軽に買えるので、何枚かセットで持っていても良さそうですね。

その上からプチプチをぐるぐると巻き、テープで止めます。二重か三重に巻いておくと安心です。

キーホルダーやフィギュアなどは小さいものが多いですが、とても大切にされている方も多くいらっしゃいますよね。

大切なキーホルダー、絶対に壊したり濡らしたくない!!

商品を発送する際は相手のことも考え、適切な包み方で発送してあげましょう。

断熱材としてプチプチを使う時は表裏どっちを使う?

通常は梱包材として使われることが多いプチプチですが、なんと窓の断熱材として使うこともできます。

プチプチが断熱材としても使えるとは驚きですよね!プチプチを使えばほとんどお金をかけずに冬の寒さや夏の暑さ対策ができます。

私は寒さが苦手なので、暖房を付けていてもなかなか部屋が暖まらなかったり特に窓際がひんやりしていて辛い思いをすることがあります。

しかしプチプチに断熱効果があると知って、部屋の小窓などに使ってみようかな?と思いました!

プチプチを窓に貼る時も、表裏どっちを窓側にするのか疑問に思いますよね。

貼り方をご紹介しますので、暖房や冷房費を少しでも節約したい方はぜひ参考にしてみて下さい。

プチプチで寒さが凌げるなんてびっくり!

プチプチを断熱材として使う時は凸側を窓に貼る!

最近は二重窓の家も増えていますが、窓にプチプチを貼るのは二重窓の構造と同じ原理です。

断熱材としてプチプチを使う時は凸側を窓に貼り、反対側が部屋になるように貼ると断熱効果が高まります。

その理由は凸側を窓に向けることで空気の層ができ、外の冷たい空気を入れず部屋の暖気を逃さない構造を作ってくれるからです。

反対側に貼ってしまうと断熱効果も低くなってしまいますので、これは覚えておきましょう!

またプチプチを窓に貼るときのコツは二つあるので、こちらもしっかり押さえておきましょう。

  • 窓のサッシまで覆えるサイズにプチプチをカットし隙間風も防止する
  • 剥がした後にテープの跡が残らないようメンディングテープを使って工夫する

せっかく窓にプチプチを貼ったのに隙間風が入ってきてしまうと効果半減なので、やるなら効果を最大限に発揮できる方法を試したいですよね。

またガムテープなど粘着力の強いテープを使っていると剥がした後に跡が残ってしまう可能性もあります。

剥がした跡を拭き取るのはとても大変で手間が増えてしまうので、まずは窓にメンディングテープを貼り、その上から両面テープを貼ると剥がしやすくなります。

窓にプチプチ、早速やってみるぞ!

窓専用のプチプチは表裏どっちを貼るか分かりやすい!

プチプチは窓に貼ると断熱効果や冷房費節約の効果があるとご紹介しましたが、いざやってみよう!と思っても窓に合う大きさのプチプチがなく困る方が多いのではないでしょうか。

小さい窓であれば問題ないですが、大きい窓だとピッタリ合うサイズを探すのは難しいですよね。

小さいサイズのプチプチを貼り合わせるのは少々見栄えが悪いですし、手間も掛かってしまいます。

そんな時は窓専用の大きいサイズのプチプチを使うと、窓に貼る作業が楽になるのでおすすめです。

水のみで窓に貼れる商品も多く、テープ不要なので見栄えが悪くならないのもメリットの一つですね!

貼り方を写真や図付きで解説してくれている商品も多いので、表裏どっちを貼るかが分かりやすくなっています。

窓に水で貼れるプチプチがあるとは驚きました!私の自宅も夏は日差しが入ってきてとても暑いのですが、冬は結露がたくさん発生して対策に困っていました。

なので一度窓専用のプチプチを貼るのも試してみようかな?と思います!

窓専用のプチプチならサイズも大きくて、貼るのに手間取らなくていいね!

まとめ

  • プチプチに表裏はなく、梱包する物によって凹凸面を使い分けるのが正しい。
  • 精密機器や細かい凹凸がある物はプチプチの凸面を外側、球形や曲面がある物は内側にする。
  • プチプチは表裏どちらでも衝撃に対する強さは変わらない。
  • プチプチで物を包む際のコツとして、グラス類などはプチプチを二重にしたり、キーホルダー類はまずOPP袋で水濡れ防止をすることが挙げられる。
  • プチプチは窓の断熱材として使用でき、凸面を外側にして貼ることで夏の暑さや冬の寒さ対策になる。
  • 窓専用のプチプチを購入すれば、水だけで貼れる商品も多くサイズも大きいので窓に貼る作業が楽になる。

プチプチに表裏がなく、さらに梱包する物によって凹凸面を使い分けた方がいいとは私も初めて知りました!

他にも包み方を覚えておけば、引っ越しやメルカリなどで商品を発送する時にどうやって包めばいいのか迷うことも少なくなりそうですね。

窓にプチプチを貼ることで断熱材として使えるということも、まさに生活の知恵ですよね。

窓専用のプチプチも販売されており結露対策にも使えるということで、冬の時期に使っておけば良かったと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました